禁煙すればタバコ代を大幅節約!でも本当にできるの?

効果的な節約術の一つとして、禁煙をおこないタバコ代を減らすという方法があり、喫煙者ならぜひ取り組むべきでしょう。タバコ一箱あたりの値段としては微々たる値段かもしれませんが、ひと月あるいは年間単位で考えてみると結構な出費のはずです。

特に近年ではタバコの値段は懐が痛いくらいにどんどん値上がりしてきていますし、今後も値上がりする可能性が高いため、このままのペースで喫煙を続けていたら、確実に金銭的な負担は増すでしょう。タバコ一箱購入するお金で、一食分を賄うことだってできるわけですから、タバコに費やすお金は勿体ないと私は感じてしまいます。

禁煙して体も財布も健康に

禁煙をおこなうことによりタバコ代の節約になる他、健康面でも良い効果をもたらすでしょうから、将来的な病気などのリスクを抑えられるはずです。タバコを止めることにより、医療費の削減というメリットも期待できるため、節約生活を考えているのであれば実行する価値は高いかと思います。

お金がないなら禁煙

そもそも、ここ最近は嫌煙家も増加し、喫煙できるスペースも限られてきているため、喫煙家にとっては非常に肩身が狭いのではないでしょうか?いっそのこと、喫煙を止めてしまえばそういった思いをせずに済みますし、タバコを吸うということに縛られずに生活するのは快適なものです。

とはいえ、いざ禁煙をしたいと考えても、これまで長年吸い続けてきたものをいきなり手放すのは、とても難しいでしょう。頑張って耐えて禁煙したとしても、例えば職場のストレスなどが原因で、ついつい1本口にしてしまうのは誰にでもあることではないでしょうか。

ニコチンは依存性が高い

意志の弱さは別として、ニコチンには依存性がありますので、それを完璧に断ち切るのは簡単なことでは決してありません。特に、仕事が忙しくストレスが溜まりやすいサラリーマンや、飲み会に参加する頻度が高い方の場合、大きな誘惑に勝ち切らなくてはいけないため完全にタバコや止めるのは苦労するでしょう。

そこで完全に禁煙するためにどのようにすればよいのかと言いますと、自分にとって続けられそうな方法で禁煙をするのも大事かなと私は思います。大切なのは続けることですから出来るだけ自分自身にとって負担がなく、取り組みやすい禁煙方法を選択し、無理なくおこなうべきでしょう。

例えば禁煙方法としては、自力で何とか耐える方法もあれば、禁煙外来に赴き専門家の力を借りる方法、他にもニコチンガムなどのアイテムを上手に活用して禁煙する手段などがあり、どの方法にも良い点もあればデメリットもあります。

例えば自力で禁煙に励む方法の場合、お金をかけることなく気軽に始められるという良さがある一方で、なかなか続けられないという欠点も潜んでいます。禁煙外来に行き医療機関の力を借りる場合ですと、実践するにあたってのハードルが高く、気軽に挑戦しにくいといった問題があることと、医者にかかるとなるとお金も必要になってくるという悩みが挙げられます。

禁煙できないら補助アイテムを使う

しかしながら自力で禁煙に励むよりも高い効果が得られるのは明白ですから、タバコ依存が高い方にとっては非常に効果的な方法であるのもまた事実です。ニコチンガムなどの禁煙補助アイテムを用いるという方法もあり、何も用いないよりは禁煙しやすいのですが、禁煙外来において禁煙プログラムをしっかりと受けるのと比較すると効果は弱いように思います。

禁煙方法にはいろいろとありますが、どれが良いかと問われると、タバコへの依存度や生活スタイル、金銭的な余裕によって異なってきます。人によって合う合わないももちろんあるでしょうから、どんな方法なら続けられそうか総合的に考えてみましょう!頑張って禁煙に成功したあかつきには、タバコ代を大幅に節約することができ、金がないという状況から抜け出せたり、健康的な身体も手に入れられるという明るい未来が待っています。